ASUS スティック型 デスクトップ VivoStick TS10-B078D 購入&分解レポート

購入レポート

ASUS スティック型 デスクトップ VivoStick TS10-B078D (WIN10 64Bit /インテル Atom x5-Z8350 / 4G / 64GB eMMC)を購入してみました。 

最近、家の電気代が1年前の1.5倍にまで上がり、原因がマイニングの為に24時間稼働しているデスクトップパソコンだとわかりました。 消費電力の少ない省電力PCでマイニングを出来ないか試してみたいと思います!

 

VivoStick TS10-B078DはASUSから発売されているスティック型のウィンドウズPCで、HDMI端子に刺して簡単に接続できます。

スペック

OSがwindows10、HDD容量が64GB、メモリーが4GBとスティックタイプのPCの中では上位機種にあたります。

OS Windows 10 Home 64ビット ※1
CPU インテル® Atom™ x5-Z8350 プロセッサー
動作周波数 :1.44GHz
キャッシュメモリ:2MB
グラフィック インテル® HD グラフィックス(CPU内蔵)
ビデオメモリ:メインメモリと共有  ※3
メモリー 標準 ※2:4GB
仕様:LPDDR3-1600
記憶装置 SSD ※4:64GB eMMC
サイズ 幅135mm×奥行き36mm×高さ16.5mm
バッテリー駆動時間 消費電力:最大18W
重量(バッテリー装着時) 約75g(バッテリーなし)
無線LAN機能 IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth機能 Bluetooth® 4.1
インターフェース 外部ディスプレイ出力:HDMI×1
USBポート:USB 2.0×1、USB 3.0×1
オーディオ:マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
アクセサリー 【主な付属品】
マウントホルダー、HDMIケーブル、ACアダプター、USB電源ケーブル、ユーザーマニュアル、製品保証書

商品の外装

高さ18cm  x 横7.3cm の紙箱に入っております。日本語でASUSのコールセンターの電話番号が書かれてあるシールが貼られているのは安心できますね。

   

開封

上部の蓋を開けますと厚紙に包まれた本体があります。スライドして外に出す事が出来ます。

 

本体ケースの下に設置されていたケースを側面から開く事でケーブル類を取り出すことが出来ました。 

読み込めるかわかりませんが説明書もアップさせていただきます。
 

いきなり分解

このVivoStick TS10-B078Dは本体内部に冷却ファンが搭載されております。冷却ファンをグリスアップ出来れば更に静音パソコンになると思いましたので分解してみました。

本体裏の赤枠の隙間からケースを開けることができます。
 

カバーは爪でひっかけるタイプとなっており、爪等で少しずつ浮かせると外す事が出来ます。


本体のカバーを開いたところです。両端の2か所のビズを外す事で右側のHDMI端子の周りのカバーと左側の電源スイッチの周りを取り外す事が出来そうでした。 冷却ファンの周りにはネジが見当たりませんでした。ネジに当たる部分にはプラスチックが熱着されておりました。

冷却ファン部分のアップです。 冷却ファンの製造メーカーはSUNON製で、EG30030S1-C020-S9Aと製造番号が刻印されております。 DC5V 2.25Wです。
 

左右のビズを外して両端のカバーを取り外そうとしましたが、HDMI端子側のカバーのかみ合わせをうまく外す事ができませんでした。電源スイッチ側は取り外せましたので横の断面を掲載させていただきます。

この後、組み立て直したうえで初期設定を行いました。

起動時の設定画面

起動時にはASUSのロゴが現れます。その後、マウスとキーボードを認識を求める表示が出てきます。私はBluetooth機器を立ち上げただけで自動的に認識しました。
  

その後、言語の設定、お住まい地域の設定、キーボードレイアウトの設定と続きます。
  

更新プログラムの確認後、ライセンスに同意して製品登録画面に進みます。  

しばらく待ちますとデスクトップ画面が現れます。
 

 

インターネットやweb動画を見る位ではファンも回らず静音状態を維持しております。 負荷を掛けて冷却ファンを回してみましたが回転音も気になる程ではありませんでした。web閲覧時のレスポンスも普通のPCと変わらないと思いました。

運用方法

素のままでも問題なく運用できますが、将来のマイニングに備えて現在は本体を水入りのペットボトルに巻き付け廃熱対策をしながら使用しております。24時間稼働をしておりますが、ペットボトルを触るとほんの少しだけ暖かいので廃熱処理もされていると思います。

USB差し込み口は2個ありますので、USB LANコネクタとUSBハブを繋いで運用しております。


パソコンの負荷が上がり冷却ファンの稼働が激しくなれば、CPU負担を軽減するソフトを導入して負荷の軽減を図っていく予定です。

軽量・静音・省電力でマウントホルダーを使えばテレビにもスマートに取り付けられる VivoStick TS10-B078D 。 今後の運用に期待しております!!