【CROSS exchange】Google二段階認証のバックアップ方法について

取引所

 ←こちらから申込登録に進めます。

←登録方法を詳しく説明しております。

Google二段階認証について

普段から利用しておりますCROSS exchangeの取引所ですが、googleの二段階認証は設定しておりますでしょうか!? 設定されていない方は、今すぐにでも紛失時やセキュリティ対策として二段階認証の設定する事をお勧めします。

ですが、この「Google2段階認証」自体のバックアップについては対策されていない方も多いのではないでしょうか!? もしもの場合に備えてバックアップ方法について詳しくご説明させて頂きます。

①Google2段階認証 の設定方法について

CROSS exchangeでは利用者のアカウントの乗っ取り防止対策として、①google 2段階認証の利用 と ②ログイン時IPアドレスの検出(お客様へメール配信)で本人確認を取る事でセキュリティ対策を行っております。

二段階認証とは「パスワード入力」と「Google認証」を導入する事で2段階の本人確認を行うことで、セキュリティ対策を行うものです。
「Google認証」とは、Google認証アプリをスマートフォンにインストールして行う方法です。

ログイン後の取引画面の右上の青いボタンにマウスを置きますと、小ウィンドウが現れますので「セキュリティ」を選択します。

右側の二段階認証の「有効にする」ボタンを押します。

最初にアプリのダウンロードを行います。画面内のQRコート゛を読み取るかリンクをクリックすると端末にインストールが出来ます。アプリのインストールが終わりましたら、「次のステップへ」をクリックします。

下記のアイコンをクリックするとアプリのインストールが出来ます。

  

 

アプリのインストールを終えましたら、次の画面で表示されるQRコードをアプリを使用して読み込みます。
※ここで下段に表記したやり方を行いますと 「 Google二段階認証のバックアップ 」も可能です。端末を壊したり無くした際の保険になりますので是非ご利用ください!!

 

 

また、バックアップキーに表示される画面でスマートフォンを紛失した場合に備えてバックアップキーが表示されますので保存してください。

 

最後に①先ほどメモをして保存した16桁の文字列、 ②ログインパスワード、③Google認証アプリに表示される6桁の数字を入力して「有効化」のボタンを押せば、設定が完了致します。

 

ログイン時IPアドレスの検出(お客様へメール配信)

ログイン時にパスワードを入力後、新しいIPアドレスからのログインであった場合、ご指定のメールアドレスへ確認の通知が届きます。

システム侵入対策

CROSS exchangeでは、外部からのシステム侵入対策として、以下の対策も行っておりますので安心して取引が出来ます。

①システム監視:24時間/365日

②外部セキュリティ専門会社による脆弱診断、二重監視を実施

 

Google二段階認証のバックアップ

二段階認証のバックアップですが、ご使用のスマートフォンを無くしてしまったり、水没等で起動出来なくなったしまった場合、CORSS exchange取引所に二段階認証の再設定の申請をするには多大な時間が掛かってしまいます。 また海外の取引所では英語を使用しての解除申請となる為、多くの取引所を利用されている方にとっては再申請に膨大な時間と手間をかけてしまう事になります。

そうしたリスク無くす為にお勧めするのが「Google二段階認証のバックアップ」です。この方法は他の取引所でも同じ方法で利用でき、この準備をしておく事で取引所に申請する事なく、ご自身でGoogle認証の復元可能です。まずはお時間のある時に少しずつ準備をされた方が良いと思います。特に多額の資金を預けている取引所から優先して行えば宜しいのではないでしょうか。

Google二段階認証のバックアップ方法について

①まずは、新規の方も既にGoogle認証を利用されている方もQRコードが表示される画面まで進みます。

  •  新規でGoogle二段階認証を設定される場合は、上記の申請方法でそのまま「QRコード」が表示された画面まで進んで下記の①~④の操作を行えば大丈夫です。

 

  •  すでに二段階認証の設定済の方は、ログイン後、右上の青丸をクリックすると「アカウント」か「セキュリティ」から、「二段階認証を無効にする」ボタンを押しGoogle認証コードを入れる事で一旦、Google二段階認証を無効にします。 その後、そのまま「有効にする」ボタンを押す事でQRコードの表示画面まで進むことが出来ます。
     ← ここでgoogle二段階認証を一旦、「無効」にします。

 

   ←「有効にする」を選択して、Google二段階認証を再度、有効にします。

 

  ← Google認証アプリをインストールされていない方はこのアイコンからインストールして、次の画面に進みます。

 

ここで上記の①~④方法でバックアップを行ってください。
①QRコードを複数端末まで読み込ませる事で、複数の端末にGoogle認証をバックアップ可能です。
②このQRコードを印刷して紙で保管する事で、端末の紛失に備えます。
③このQRコード画面を画面コピーしてデータで保管する事で、端末や用紙の紛失に備えます。
④更にQRコードの画像をコピーしたデータを複数のUSBやクラウドに保存する事で更なる紛失に備えます。

 

← 次のステップに進みますと、前ページのQRコードの横に表記されていたバックアップキーが再度表示されるので
キーの保存を確認の上、次に進んでください。

最後にGoogle認証コードを入力する事で有効化されます。

 

ハッキングされるよりも端末の盗難・破壊・水没による紛失 や 持ち主が事故(死亡)などにより端末もろともセルフGOXする危険性の方が高いと思います。
仮想通貨が相続認定された場合、引き出すことが出来なくても税金だけ掛かってくる可能性もありますので、最低限バックアップだけは行って、もしもの場合に備えた方が良いと思われます。 親族がいる場合には親族のスマホにバックアップするなどして取引所の存在を伝えておく事も有効だと思います。

以上、Google二段階認証のバックアップ方法についてご説明させて頂きました。

CROSS Exchangeは、ライトコイン(LiteCoin)・エイダコイン(ADACoin)・ビットコインキャッシュABC(BiticoinCashABC)・ビットコインキャッシュSV(BitCoinCash SV)・イオス(EOS)・オーガ(Augur)・ダッシュ(DASH)・モナコイン(MONA)・ネオ(NEO)・リスク(Lisk)と立て続けに新規上場コインを発表し続けている勢いのある新興の取引所です。

今後も引き続き報告させて頂きたいと思います。

参考資料 : https://support.crossexchange.io/hc/ja/articles/360021986292-%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC%E6%94%BB%E6%92%83%E5%AF%BE%E7%AD%96%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

【CROSS exchange 各リンク】
【CROSS exchangeサポート各項目】   https://support.crossexchange.io/hc/ja/categories/360000989812?flash_digest=86af01e3f78031938adc9fd7e539daea0222e057
【CROSS exchangeFace book】https://www.facebook.com/CROSS-exchange-190720388515835/?modal=suggested_action&notif_id=1542519859069899&notif_t=page_user_activity

【CROSS exchange Twitter】https://twitter.com/exchange_cross
【CROSS Official LINE@】https://line.me/R/ti/p/%40psi1088v

【CROSS exchange Telegram Group】https://t.me/joinchat/JWOAXVTobUak-df6O0W2KQ
【Medium】https://medium.com/@CROSSlab/1-d2610ac97748


←登録方法を詳しく説明しております。

 ←こちらから申込登録に進めます。